エクステの楽しみ方

技術力で変えると使いやすいです

一般的にまつげのグルーというのはどれも同じと思われているようですが、実はかなり違います。商品や作られた国、それから品質によって値段が違うのは当たり前ですが、使う人の技術の高さで使い分けると非常に選びやすいですし、使いやすくなります。 種類としては大きく分けて二種類あります。速乾性のあるプロ用のものと、初心者でも使いやすいといわれる乾くのに時間がかかるタイプです。前者はまつげのエクステの経験者やプロとして仕事をしている人が愛用するもので、エクステにグルーをつけてまつ毛に触れるだけですぐにまつげとエクステが一体化します。つまり失敗は許されませんし、グルーに速乾性があるということは乾きやすいですから、作業自体を早くする必要もあります。それに比べて後者はゆっくり乾きますから、まつげにグルーのついたエクステを触れさせて、角度や長さを調整しながらつけることができます。つまり慣れていない人でも焦る必要はないのですが、しばらく同じ態勢を保つ必要があるので腕に力が必要です。

自分なりのコツを見つけることが大切です

自分でまつげエクステを楽しむ人は誰でも最初から上手にできません。自分なりに工夫してあれこれ試行錯誤していくうちに自分なりにやりやすい方法が見つかるのです。 例えば医療用テープの貼り方や、綿棒の使い方一つでも使う人によって使い方が違います。ライトの照らし方や利き手ではないほうの目を施術するときの方法など人によって違いはありますが、それなりに自分がしやすい方法というのが見つかるはずです。その為には何といっても難しいからといってすぐにあきらめるのではなく、何度も何度も練習することが大切です。テープの貼る角度やライトの照らし方、利き手ではない方の目にエクステをつける時のピンセットの持ち方など初心者は改善点がたくさんあるはずです。グルーのつけ方一つでも仕上がりは変わりますからたくさん経験することや上手な人のテクニックを習得することも近道の一つなのです。